メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

エイズ死因、非エイズ指標疾患の増加が鮮明に

都立駒込病院の直近10年の検討

 2017年12月28日 06:20
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 がん・感染症センター都立駒込病院感染症科の田中勝氏は、2007~17年の自施設でのHIV感染者死亡例を後ろ向きに検討した結果を第31回日本エイズ学会(11月24~26日)で報告した。1985年以降の同院の既報と死因構成を比較すると、時代とともにエイズ指標疾患が激減する一方で、悪性腫瘍が増加する傾向が鮮明になり、他報告を裏付ける格好となった。また、エイズ指標悪性腫瘍(ADM)では悪性腫瘍診断時にCD4陽性リンパ球数が有意に少なかったことや心血管死亡例全てで抗レトロウイルス療法(ART)が中断されていたことなども分かった。〔関連記事:「エイズ死因、自殺・エイズ関連疾患も依然と問題」、「読み解くためのキーワード:エイズ指標疾患」〕

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  感染症 »  エイズ死因、非エイズ指標疾患の増加が鮮明に

error in template: found but mtif was expected