メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  乳児期消化器感染症がセリアック病に関係か

乳児期消化器感染症がセリアック病に関係か

【海外短報】

 2017年12月29日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 乳児期の消化器感染症が将来のセリアック病と関係することを示唆するデータが、ドイツのグループによりAm J Epidemiol2017; 186: 1277-1280)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、2005~07年に同国バイエルン州で出生した小児29万5,420例の四半期ごとの感染症に関する情報を含むレセプトデータを解析した。

 性、出生月、過去の受診回数を補正後の乳児期の感染症と将来のセリアック病との関係を検討した結果、リスクが最も高かったのは乳児期の消化器感染症(ハザード比1.32、95%CI 1.12~1.55)、次いで呼吸器感染症(同1.22、1.04~1.43)であった。特に、乳児期の消化器感染症の反復は、その後のセリアック病のリスク上昇と関係していた。

(編集部)

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  乳児期消化器感染症がセリアック病に関係か

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07512039 有効期限:7月末まで