メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  ACS疑い例でhs-cTnI値5ng/Lは至適閾値か

ACS疑い例でhs-cTnI値5ng/Lは至適閾値か

【海外短報】

 2017年12月31日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 急性冠症候群(ACS)疑い例のうち、高感度心筋トロポニンI(hs-cTnI)値が5ng/L未満の患者は30日以内の心筋梗塞(MI)または心臓死のリスクが低いことが、メタ解析で確認された。国際共同研究グループがJAMA2017; 318: 1913-1924)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 Hs-cTnI検査はACSが疑われる患者の評価に広く行われている。受診時のhs-cTnI値が5ng/L未満の患者は低リスクと考えられているが、至適閾値は明らかでない。同グループは、ACS疑い例のhs-cTnI値を測定した前向き研究のメタ解析を行い、閾値5ng/Lのリスク層別化能を検討した。主要評価項目は、30日以内のMIまたは心臓死の発生とした。

 解析対象は9カ国の19研究(計2万2,457例)で、30日以内のMIまたは心臓死は2,786例(12.4%)で発生していた。

 Hs-cTnI値5ng/L未満の患者は1万1,012例(49%)で、登録時イベントまたは30日イベントの見逃しは60例だった。このうち59例は登録時のMI、1例は30日以内のMIで、心臓死の見逃し例はなかった。hs-cTnI値5ng/L未満の患者における主要評価項目の陰性的中率は99.5%、30日以内の心臓死はなく、1年心臓死(7例)の陰性的中率は99.9%であった。

(編集部)

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  ACS疑い例でhs-cTnI値5ng/Lは至適閾値か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11512035 有効期限:11月末まで