メニューを開く 検索を開く ログイン

果物とトマトの摂取で肺機能低下を抑制

抗酸化物質との関連を検討

 2018年01月05日 06:30
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Johns Hopkins Bloomberg School of Public HealthのVanessa Garcia-Larsen氏らは、環境因子が呼吸器に及ぼす影響を検討する欧州の多施設コホート研究European Community Respiratory Health Survey (ECRHS)の参加者を対象に、食事から摂取する抗酸化物質と肺機能の関係を検討。その結果、果物とトマトの摂取が成人、特に前喫煙者の肺機能低下を遅らせる可能性が示唆されたとEur Respir J 2017; 50: 1602286)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  果物とトマトの摂取で肺機能低下を抑制

error in template: found but mtif was expected