メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  "ゲーム依存"が疾患に

"ゲーム依存"が疾患に

WHOがICD-11に収載へ

 2018年01月05日 15:50
プッシュ通知を受取る

 近年、日本でも医療機関での専門的な治療や研究が行われるようになってきたインターネットなどによるゲーム依存が、世界保健機関(WHO)が改訂作業中の国際疾病分類第11版(ICD-11)に新たに盛り込まれる見通しだ。ゲーム依存は、これまでICDにも、精神疾患の分類と診断の手引き(DSM)にも収載されていなかった。今回の収載により定義や診断基準が世界的に統一され、研究や診療がさらに進むとみられる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  "ゲーム依存"が疾患に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04512248 有効期限:4月末まで