メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

がん関連VTEでDOACの非劣性示す

国際共同非盲検非劣性試験Hokusai VTE Cancer

 2018年01月09日 06:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 がん関連静脈血栓塞栓症(VTE)患者に対する6~12カ月の治療におけるVTE再発または大出血の複合アウトカムについて、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)のエドキサバンが低分子ヘパリンのダルテパリン皮下注に対し非劣性を示した。国際共同ランダム化非盲検非劣性試験Hokusai VTE Cancerの結果を、米・University of Oklahoma Health Sciences CenterのGary E. Raskob氏らが第59回米国血液学会(ASH 2017、12月9~12日、アトランタ)で報告した。詳細は、N Engl J Med2017年12月12日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  がん関連VTEでDOACの非劣性示す

error in template: found but mtif was expected