メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  術後肺炎で医療費4.2倍増、死亡率も高く

術後肺炎で医療費4.2倍増、死亡率も高く

日本外科感染症学会サーベイランスのサブ解析

2018年01月10日 06:15

 日本外科感染症学会は術後感染症が医療費に与える影響を明らかにする目的で、術後感染症合併症サーベイランス2015年度特別集計(JPICS'15)を組織し、消化器外科手術における周術期感染症の実態を調査する多施設共同研究を行った。日本医科大学多摩永山病院外科講師/感染制御部部長の丸山弘氏らは、術後肺炎についてのサブ解析を行い、術後肺炎により医療費が4.2倍増大、入院日数は2.5倍延長し、死亡率も高くなったことが分かったと、第30回日本外科感染症学会(2017年11月29~30日)で発表した。(関連記事:「手術部位感染、肝胆膵で高率に発生」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  術後肺炎で医療費4.2倍増、死亡率も高く