メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

「がん予備軍」として肥満・糖尿病対策が急務

国立がん研究センター中央病院総合内科科長 大橋 健

 2018年01月11日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕糖尿病や肥満とがんの関連に注目が集まる中、世界のがんの6%は糖尿病と肥満が原因であるとする研究がLancet Diabetes Endocrinol2017年11月28日オンライン版)に発表された(関連記事「世界のがんの6%は糖尿病と肥満が原因」)。この研究の日本にとっての意義について、国立がん研究センター中央病院総合内科科長の大橋健氏に解説してもらった。同氏は、がん専門病院に勤務する糖尿病専門医で、日本糖尿病学会と日本癌学会で組織する「糖尿病と癌に関する委員会」の委員でもある。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  「がん予備軍」として肥満・糖尿病対策が急務

error in template: found but mtif was expected