メニューを開く 検索を開く ログイン

なぜ抗PD-1抗体は1型糖尿病を誘発するのか

“β細胞殺人事件”のトリックと“真犯人”は?

 2018年01月11日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント阻害薬による有害事象は全身の臓器に見られるが、抗CTLA-4抗体と抗PD-1/PD-L1抗体では疾患スペクトラムが異なり、1型糖尿病の発症は後者にほぼ特異的な現象である。長崎大学大学院内分泌・代謝内科学分野准教授の阿比留教生氏に、なぜ抗PD-1抗体では1型糖尿病が誘発されやすいのか、その機序について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  なぜ抗PD-1抗体は1型糖尿病を誘発するのか