メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

地域医療を支える特定看護師の実態

 2018年01月12日 06:20
プッシュ通知を受取る

 医師の判断なしに一定の診療の補助を行うことができる看護師を養成する「特定行為に係る看護師の研修制度」が2015年10月に施行され、2年以上がたった。団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、国は看護師10万人以上の同研修修了を目標としているが、昨年(2017年)6月時点での修了者は全国で583人にとどまっている。同研修に関する理解を深め制度を推進しようと、厚生労働省は昨年12月20日に「看護師の特定行為研修シンポジウム」を開催し、医師や看護師が修了者の活動内容および意義を語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  地域医療を支える特定看護師の実態

error in template: found but mtif was expected