メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  地域医療を支える特定看護師の実態

地域医療を支える特定看護師の実態

 2018年01月12日 06:20
プッシュ通知を受取る

 医師の判断なしに一定の診療の補助を行うことができる看護師を養成する「特定行為に係る看護師の研修制度」が2015年10月に施行され、2年以上がたった。団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、国は看護師10万人以上の同研修修了を目標としているが、昨年(2017年)6月時点での修了者は全国で583人にとどまっている。同研修に関する理解を深め制度を推進しようと、厚生労働省は昨年12月20日に「看護師の特定行為研修シンポジウム」を開催し、医師や看護師が修了者の活動内容および意義を語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  地域医療を支える特定看護師の実態

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09512234 有効期限:9月末まで