メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病薬と皮膚難病に関連する遺伝子を発見

2018年01月14日 06:00

 糖尿病治療薬として広く用いられているDPP-4阻害薬の服用中に、指定難病の水疱性類天疱瘡を発症した患者のうち、9割弱が特定のHLA遺伝子を保有していることが明らかにされた。北海道大学大学院皮膚科学教室講師の氏家英之氏らの研究グループが、J Invest Dermatol2017年12月2日オンライン版)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病薬と皮膚難病に関連する遺伝子を発見

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで