メニューを開く 検索を開く ログイン

多発神経障害の一般臨床での早期診断を

簡便に定量できる診断機器が臨床導入

 2018年01月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

 足趾末梢に生じる多発神経障害(DPN)は、糖尿病患者に早期から高頻度に見られる合併症だが、一般臨床の場で的確に診断することは難しいとされてきた。弘前大学大学院分子病態病理学講座教授の水上浩哉氏は、DPNを簡便に定量できる診断機器が近年開発され、臨床導入されていることを紹介。これらを利用することで、DPNを早期診断することが可能になっていると、第32回日本糖尿病合併症学会(2017年10月27~29日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  多発神経障害の一般臨床での早期診断を

error in template: found but mtif was expected