メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  循環器 »  "心臓の肥満"BMIPPシンチが診断の決め手

"心臓の肥満"BMIPPシンチが診断の決め手

 2018年01月15日 06:10
プッシュ通知を受取る

 中性脂肪蓄積心筋血管症(TGCV)は"心臓の肥満"とも呼ばれる新規疾患概念である。TGCVの診断について千葉大学病院循環器内科の宮内秀行氏は「BMIPP(123I-β-methyl-P-iodophenyl-pentadecanoic acid)を用いた心筋シンチグラフィはTGCV診断の有力なツールである。特に"症状が不安定"、"薬物治療の手応えがはっきりしない"場合は同疾患を疑い、BMIPPシンチを施行することが重要である」と述べている。(関連記事「"心臓の肥満"の新薬、有用性認める」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  循環器 »  "心臓の肥満"BMIPPシンチが診断の決め手

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512258 有効期限:2月末まで