メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  先天性心疾患の成人への移行医療に提言

先天性心疾患の成人への移行医療に提言

小児循環器科医はいつまで診療すべきか

 2018年01月15日 06:15
プッシュ通知を受取る

 治療技術の向上に伴い、小児期に先天性心疾患(CHD)を発症し成人期を迎えた成人先天性心疾患(ACHD)患者数が増加している。CHD手術では遺残症や続発症などを伴うことが多く、患者は生涯にわたり経過観察が必要となるが、小児期の専門診療体制をそのまま成人期の診療に当てはめることはできない。患者が継続的に医療を受けるため、特に重要となる小児から成人への「移行医療」について、日本循環器学会など8学会が「先天性心疾患の成人への移行医療に関する提言」を発表した。(関連記事:「先天性心疾患、手術進歩で新たな課題」、「AMED主導で成人先天性心疾患患者DBを構築中」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  先天性心疾患の成人への移行医療に提言

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09512272 有効期限:9月末まで