メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  イベント »  内視鏡で喘息治療、日本初の成績を報告

内視鏡で喘息治療、日本初の成績を報告

気管支サーモプラスティ

 2018年01月17日 06:00
プッシュ通知を受取る

 薬物療法により症状がコントロールできない重症喘息に対する内視鏡治療法である気管支サーモプラスティ(Bronchial Thermoplasty;BT)は2015年4月に保険収載され上市されたが、日本においてその治療成績は明らかになっていなかった。ボストン・サイエンティフィックジャパンが昨年(2017年)12月14日に東京都で開いたメディアラウンドテーブルで、国立国際医療研究センター病院呼吸器内科診療科科長の杉山温人氏が、日本初となる治療成績を報告した(関連記事「重症気管支喘息の症状緩和に"新たなオプション"登場」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  イベント »  内視鏡で喘息治療、日本初の成績を報告

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06512378 有効期限:6月末まで