メニューを開く 検索を開く ログイン

いまだ見えぬ解決策、まず医師法改正か

医師の働き方改革

 2018年01月17日 06:02
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 安倍晋三総理大臣は年頭(2018年)の記者会見で、働き方改革に関して「歴史的な大改革に挑戦する」として、残業に罰則付き上限を設けることなどを盛り込んだ労働基準法改正案の成立に全力を尽くす考えをあらためて表明した。医師の働き方改革についても議論が進行中であり、医師への同法の適用は早ければ2024年度になることが決まっている。こうした国の動きに対し、全国自治体病院協議会は昨年9月22日、加藤勝信厚生労働大臣に「医師の働き方改革に関する緊急要望」を提出した。医師の働き方改革に関する課題について、同協議会会長で赤穂市民病院(兵庫県)名誉院長の邉見公雄氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  ワーク・ライフ »  いまだ見えぬ解決策、まず医師法改正か

error in template: found but mtif was expected