メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  全身性強皮症に幹細胞移植が有効

全身性強皮症に幹細胞移植が有効

シクロホスファミド投与群と比較

 2018年01月18日 06:10
プッシュ通知を受取る

 膠原病の一種で原因不明の難病とされる強皮症には、今まで明確な有効性のある治療法が存在しなかった。米・Duke UniversityのKeith M. Sullivan氏らは、全身性強皮症に対するCD34陽性造血幹細胞移植の有効性を検討したところ、免疫抑制薬シクロホスファミドを用いた従来の薬物療法より高い治療効果が得られたとN Engl J Med2018; 378: 35-47)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  全身性強皮症に幹細胞移植が有効

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512561 有効期限:2月末まで