メニューを開く 検索を開く ログイン

全身性強皮症に幹細胞移植が有効

シクロホスファミド投与群と比較

 2018年01月18日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 膠原病の一種で原因不明の難病とされる強皮症には、今まで明確な有効性のある治療法が存在しなかった。米・Duke UniversityのKeith M. Sullivan氏らは、全身性強皮症に対するCD34陽性造血幹細胞移植の有効性を検討したところ、免疫抑制薬シクロホスファミドを用いた従来の薬物療法より高い治療効果が得られたとN Engl J Med2018; 378: 35-47)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  全身性強皮症に幹細胞移植が有効