メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  BRCA変異乳がんの治療薬をFDAが初承認

BRCA変異乳がんの治療薬をFDAが初承認

PARP阻害薬オラパリブを適応拡大

 2018年01月19日 16:34
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 米食品医薬品局(FDA)は1月12日、経口ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬オラパリブについて、BRCA遺伝子変異陽性の手術不能または再発性乳がんへの適応拡大を承認したと発表した(関連記事:「FDA、卵巣がんの維持療法にオラパリブを承認」)。同薬は、米国では既にBRCA遺伝子変異陽性卵巣がんに対して承認されており、BRCA遺伝子変異陽性乳がんに対する初の治療薬となる。また乳がんにおいて初のPARP阻害薬となる。同薬の承認と同時に、米国のバイオベンチャーであるMyriad Genetic社が開発したコンパニオン診断薬「BRACAnalysis CDx」も乳がん患者に対して適応拡大承認された。BRACAnalysis CDxは、血漿中のBRCA遺伝子変異を検出する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  BRCA変異乳がんの治療薬をFDAが初承認

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04512587 有効期限:4月末まで