メニューを開く 検索 ログイン

BRCA変異乳がんの治療薬をFDAが初承認

PARP阻害薬オラパリブを適応拡大

2018年01月19日 16:34

イメージ画像

 米食品医薬品局(FDA)は1月12日、経口ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬オラパリブについて、BRCA遺伝子変異陽性の手術不能または再発性乳がんへの適応拡大を承認したと発表した(関連記事:「FDA、卵巣がんの維持療法にオラパリブを承認」)。同薬は、米国では既にBRCA遺伝子変異陽性卵巣がんに対して承認されており、BRCA遺伝子変異陽性乳がんに対する初の治療薬となる。また乳がんにおいて初のPARP阻害薬となる。同薬の承認と同時に、米国のバイオベンチャーであるMyriad Genetic社が開発したコンパニオン診断薬「BRACAnalysis CDx」も乳がん患者に対して適応拡大承認された。BRACAnalysis CDxは、血漿中のBRCA遺伝子変異を検出する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  BRCA変異乳がんの治療薬をFDAが初承認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD512587 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外