メニューを開く 検索を開く ログイン

好酸球をほぼ除去する重症喘息薬が登場

ベンラリズマブが承認

 2018年01月19日 19:13
プッシュ通知を受取る

 アストラゼネカは本日(1月19日)、重症気管支喘息治療薬ベンラリズマブ(商品名ファセンラ皮下注30mgシリンジ)が、米国、欧州に続いて日本でも承認されたと発表した。同薬はヒト化抗インターロイキン(IL)-5受容体αモノクローナル抗体製剤で、重症喘息に関わる好酸球を直接かつ速やかに、ほぼ完全に除去する。(関連記事:「学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?」「重症喘息薬ベンラリズマブ、欧州でも承認」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  好酸球をほぼ除去する重症喘息薬が登場

error in template: found but mtif was expected