メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  好酸球をほぼ除去する重症喘息薬が登場

好酸球をほぼ除去する重症喘息薬が登場

ベンラリズマブが承認

 2018年01月19日 19:13
プッシュ通知を受取る

 アストラゼネカは本日(1月19日)、重症気管支喘息治療薬ベンラリズマブ(商品名ファセンラ皮下注30mgシリンジ)が、米国、欧州に続いて日本でも承認されたと発表した。同薬はヒト化抗インターロイキン(IL)-5受容体αモノクローナル抗体製剤で、重症喘息に関わる好酸球を直接かつ速やかに、ほぼ完全に除去する。(関連記事:「学会が早期承認を求める重症喘息薬とは?」「重症喘息薬ベンラリズマブ、欧州でも承認」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  好酸球をほぼ除去する重症喘息薬が登場

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07512619 有効期限:7月末まで