メニューを開く 検索を開く ログイン

腸内細菌でがんを制御

ヒトの便から単離した11菌株で免疫CP阻害薬の効果を増強

 2018年01月22日 06:02
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 現在、がん治療において脚光を浴びている免疫チェックポイント阻害薬。劇的とも言える治療効果が報告されている一方で、効果が認められる患者の割合は例えば進行悪性黒色腫の患者では30%ほどといわれる。そうした中で、免疫チェックポイント阻害薬の効果の違いに影響しているのではないかと注目されているのが、患者の「腸内細菌」だ。腸内細菌と免疫細胞との関わりに着目し、研究に取り組む慶應義塾大学微生物学免疫学教室教授の本田賢也氏は、腸管に定着すると免疫を活性化する口腔内細菌を同定。また、免疫チェックポイント阻害薬の効果を増強する腸内細菌をヒトの便から単離することに成功したことなどを第30回日本外科感染症学会(2017年11月29~30日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  腸内細菌でがんを制御