メニューを開く 検索 ログイン

腸内細菌でがんを制御

ヒトの便から単離した11菌株で免疫CP阻害薬の効果を増強

2018年01月22日 06:02

1名の医師が参考になったと回答 

 現在、がん治療において脚光を浴びている免疫チェックポイント阻害薬。劇的とも言える治療効果が報告されている一方で、効果が認められる患者の割合は例えば進行悪性黒色腫の患者では30%ほどといわれる。そうした中で、免疫チェックポイント阻害薬の効果の違いに影響しているのではないかと注目されているのが、患者の「腸内細菌」だ。腸内細菌と免疫細胞との関わりに着目し、研究に取り組む慶應義塾大学微生物学免疫学教室教授の本田賢也氏は、腸管に定着すると免疫を活性化する口腔内細菌を同定。また、免疫チェックポイント阻害薬の効果を増強する腸内細菌をヒトの便から単離することに成功したことなどを第30回日本外科感染症学会(2017年11月29~30日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  腸内細菌でがんを制御

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで