メニューを開く 検索を開く ログイン

ドライアイに涙液脂質の炭素鎖長が関与

KOマウスで病態の一端を解明

 2018年01月22日 06:04
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 北海道大学大学院薬学研究院生化学研究室教授の木原章雄氏らは、涙液中の脂質の炭素鎖長がドライアイの病態に関わっていることを明らかにした。炭素鎖長を伸ばす酵素を欠損させたノックアウト(KO)マウスを作製したところ、若齢期からドライアイを発症し、涙液中の脂質には炭素鎖長の短いものが多くを占めていた。ドライアイの予防・治療薬の開発につながる研究として注目される。結果の詳細はFASEB J2018年1月17日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »   »  ドライアイに涙液脂質の炭素鎖長が関与