メニューを開く 検索を開く ログイン

心不全への心リハで認知機能も改善

日本成人病学会

 2018年01月22日 06:06
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢者の慢性心不全では認知機能の低下を伴うことが多い。獨協医科大学心臓・血管内科教授の井上晃男氏は、慢性心不全と認知機能低下が密接に関係していることを概説した上で、心臓リハビリテーションが認知機能の改善に有効であることを第52回日本成人病学会(1月13~14日)で解説した。新たに臨床導入し始めた「和温療法」にも触れ、それも含めた包括的心臓リハビリテーションへの期待を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  心不全への心リハで認知機能も改善