メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  皮膚 »  乾癬患者で多いアルコール関連死

乾癬患者で多いアルコール関連死

【海外短報】

 2018年01月23日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 乾癬患者は年齢および性が一致する一般集団と比べてアルコール関連の死亡リスクが1.6倍高いと、英国のグループがJAMA Dermatol2017; 153: 1256-1262)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 乾癬患者は若年死亡のリスクが高いが、この死亡ギャップの理由は明らかにされていない。同グループは、英国のClinical Practice Research DatalinkとHospi­tal Episode StatisticsのデータおよびOffice for National Statisticsの死亡記録を用いたコホート研究により、乾癬患者は一般集団に比べアルコール関連死のリスクが高いかどうかを検討した。

 コホートには1998~2014年に乾癬を発症した18歳以上の症例5万5,537例と、症例と年齢、性、受診クリニックをマッチさせた非乾癬の対照85万4,314例が含まれた。index dateの年齢中央値は47歳、全体の44.9%(40万8,230例)は男性だった。

 中央値4.4年の追跡における1万人・年当たりのアルコール関連死は症例群4.8例(計152例)、対照群2.5例(計1,118例)で、症例群のハザード比は1.58(95%CI 1.31~1.91)と有意に高かった。アルコール関連死の主な原因はアルコール性肝疾患(65.1%)、肝線維化・肝硬変(23.7%)、アルコールによる精神および行動障害(7.9%)であった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  ニュース »  2018年 »  皮膚 »  乾癬患者で多いアルコール関連死

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512374 有効期限:2月末まで