メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

【解説】透析患者のMg管理をどうするか

大阪大学大学院腎疾患統合医療学 坂口悠介

 2018年01月23日 06:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕腎障害を有する患者では高マグネシウム(Mg)血症を起こしやすく、腎不全患者や血液透析患者nに対する酸化Mgの投与が制限され、高Mg血症を予防することが注目されていた。今回、日本人血液透析患者11万例を対象に血清Mg濃度と大腿骨近位部骨折リスクの関係を検討した研究で、血清Mg濃度が高い患者では大腿骨近位部骨折リスクが低下するという結果が得られた(関連記事「血清Mg高値で透析患者の骨折リスク低下」)。この研究を行った大阪大学大学院腎疾患統合医療学の坂口悠介氏に、同研究の透析患者におけるMg管理の意義について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  【解説】透析患者のMg管理をどうするか

error in template: found but mtif was expected