メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  臨床応用が待たれるプレクリニカルAD治療薬

臨床応用が待たれるプレクリニカルAD治療薬

 2018年01月23日 06:15
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では認知症の有病率が上昇しているが、中でもアルツハイマー病(AD)は突出して増えており、有効な予防法、治療法の開発が急務となっている。東北大学加齢医学研究所老年医学分野教授の荒井啓行氏は、正常とADの中間に当たる軽度認知障害(MCI)やプレクリニカルAD(MCI発症前の臨床症状はないが画像診断などで徴候が見られる段階、関連記事:「未発症の認知症への治療介入を検証」)の概念と治療薬の開発状況について、第36回日本認知症学会(2017年11月24〜26日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

消費増税前の駆け込み購入、何を?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  臨床応用が待たれるプレクリニカルAD治療薬

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08512591 有効期限:8月末まで