メニューを開く 検索を開く ログイン

下肢筋量低下がインスリン抵抗性の要因に

 2018年01月24日 06:20
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病患者において、体脂肪率の増加と同じく、下肢の骨格筋量の低下もまたインスリン抵抗性を引き起こす重要な因子であることが示されたと、久留米大学内分泌代謝内科准教授の田尻祐司氏が第21回日本病態栄養学会(1月12~14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  下肢筋量低下がインスリン抵抗性の要因に

error in template: found but mtif was expected