メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

切迫性尿失禁治療薬で睡眠の質が改善

米・ランダム化試験の二次解析

 2018年01月25日 06:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国人女性約600人を対象に実施された多施設共同二重盲検ランダム化プラセボ対照試験の二次解析で、切迫性尿失禁に対する抗ムスカリン薬フェソテロジンの12週間投与は、プラセボに比べて尿失禁・夜間頻尿回数の減少、総合的な睡眠の質の改善に関連することが示されたと、米・University of California, San FranciscoのQurratul A. Warsi氏らがObstet Gynecol2018年1月9日オンライン版)で報告した。<

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  切迫性尿失禁治療薬で睡眠の質が改善

error in template: found but mtif was expected