メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  切迫性尿失禁治療薬で睡眠の質が改善

切迫性尿失禁治療薬で睡眠の質が改善

米・ランダム化試験の二次解析

 2018年01月25日 06:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国人女性約600人を対象に実施された多施設共同二重盲検ランダム化プラセボ対照試験の二次解析で、切迫性尿失禁に対する抗ムスカリン薬フェソテロジンの12週間投与は、プラセボに比べて尿失禁・夜間頻尿回数の減少、総合的な睡眠の質の改善に関連することが示されたと、米・University of California, San FranciscoのQurratul A. Warsi氏らがObstet Gynecol2018年1月9日オンライン版)で報告した。<

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  切迫性尿失禁治療薬で睡眠の質が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12512579 有効期限:12月末まで