メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【注意喚起】オプジーボ後治療で間質性肺疾患

【注意喚起】オプジーボ後治療で間質性肺疾患

厚生労働省、タグリッソの使用成績調査中間報告より

 2018年01月25日 14:50
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省医薬・生活衛生局は1月24日、上皮成長因子受容体(EGFR)阻害薬オシメルチニブ(商品名タグリッソ)の使用成績調査中間報告から、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(同オプジーボ)による治療歴がある非小細胞肺がん(NSCLC)患者で間質性肺疾患関連事象(ILD)が33例に認められ、うち6例が死亡したとして日本医師会やがん関連学会、各都道府県衛生主幹部などに対し、注意喚起に関する通知を発出した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【注意喚起】オプジーボ後治療で間質性肺疾患

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04512668 有効期限:4月末まで