メニューを開く 検索を開く ログイン

【注意喚起】オプジーボ後治療で間質性肺疾患

厚生労働省、タグリッソの使用成績調査中間報告より

 2018年01月25日 14:50
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省医薬・生活衛生局は1月24日、上皮成長因子受容体(EGFR)阻害薬オシメルチニブ(商品名タグリッソ)の使用成績調査中間報告から、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(同オプジーボ)による治療歴がある非小細胞肺がん(NSCLC)患者で間質性肺疾患関連事象(ILD)が33例に認められ、うち6例が死亡したとして日本医師会やがん関連学会、各都道府県衛生主幹部などに対し、注意喚起に関する通知を発出した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【注意喚起】オプジーボ後治療で間質性肺疾患