メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  乳酸菌添加牛乳で妊娠合併症を予防

乳酸菌添加牛乳で妊娠合併症を予防

ノルウェー・妊婦7万人の解析結果

 2018年01月30日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 スウェーデン・Sahlgrenska University HospitalのMahsa Nordqvist氏らは、ノルウェーの妊婦を対象としたコホート研究で、プロバイオティクスミルク(乳酸菌を添加した牛乳)を摂取する時期が妊娠高血圧腎症と早産に与える影響について検討した。その結果、乳酸菌添加牛乳の妊娠後期の摂取は妊娠高血圧腎症の低リスク、妊娠早期の摂取は早産の低リスクと関連していたとBMJ Open 2018; 8: e018021)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  乳酸菌添加牛乳で妊娠合併症を予防

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10512684 有効期限:10月末まで