メニューを開く 検索を開く ログイン

がん化学療法中の味覚障害をうま味で改善

 2018年01月31日 06:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 頭頸部がん患者の化学放射線治療における副作用の1つである味覚障害は、患者の栄養状態を悪化させる一因となるが、その発生メカニズムや対処法は十分に解明されてこなかった。徳島大学大学院代謝栄養学分野の堤理恵氏らは、化学療法における味覚障害には舌のうま味および甘味受容体であるT1R3遺伝子発現の減少が関係しており、この減少を抑制する「うま味」成分の活用により味覚障害を改善できる可能性があることを、日本病態栄養学会(1月12~14日)で発表した。(関連記事:「うま味感度低下で肥満になる?」、「昆布だしの「うま味」でドライマウス改善」、「読み解くためのキーワード:うま味」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん化学療法中の味覚障害をうま味で改善

error in template: found but mtif was expected