メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  術後早期の蛋白質摂取で回復が早まる

術後早期の蛋白質摂取で回復が早まる

 2018年02月01日 06:10
プッシュ通知を受取る

 高齢の開心術例では、術前から栄養障害を呈することが少なくなく、術後早期の蛋白質投与は侵襲に伴う筋蛋白質異化に対して有効であるとされる。これを検証するため、近森病院(高知市)臨床栄養部の田部大樹氏は単独大動脈弁置換術(AVR)後の高齢患者の蛋白質摂取量と身体機能との関連を検討し、第21回日本病態栄養学会(1月12~14日)で報告した。(関連記事:「がん化学療法中の味覚障害をうま味で改善」、「下肢筋量低下がインスリン抵抗性の要因に」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  術後早期の蛋白質摂取で回復が早まる

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06512695 有効期限:6月末まで