メニューを開く 検索を開く ログイン

基本チェックリストでフレイルを検出

高齢回復期心リハ患者を評価

 2018年02月01日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 順天堂大学大学院循環器内科学の國本充洋氏らは、高齢回復期心臓リハビリテーション(以下、心リハ)施行患者を対象に基本チェックリスト(KCL)を用いてフレイルを評価し、患者背景、身体組成、血液検査指標、血中脂肪酸分画との関係を検討した。その結果、「KCLは心リハにおけるフレイルスクリーニングに、エイコサペンタエン酸(EPA)/アラキドン酸(AA)比はプレフレイルのスクリーニングに有用である可能性が示唆された」と第52回日本成人病学会(1月13~14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  基本チェックリストでフレイルを検出