メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  血液製剤使用時の安全確保を呼びかけ

血液製剤使用時の安全確保を呼びかけ

 2018年02月01日 18:46
プッシュ通知を受取る

 抗がん薬治療中の患者が輸血用血液製剤(人赤血球液)によりE型肝炎ウイルス(HEV)に感染し、その後死亡したとの報告を受け、厚生労働省は2月1日付で「輸血用血液製剤の使用時の安全確保措置の周知徹底について」を発出。「輸血用血液製剤はヒトの血液を原料としており、その性質上、感染症のリスクを完全になくすことはできない」とした上で、今回の事例を踏まえて医療機関に安全策措置の周知を依頼している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  血液製剤使用時の安全確保を呼びかけ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07512797 有効期限:7月末まで