メニューを開く 検索を開く ログイン

血液製剤使用時の安全確保を呼びかけ

 2018年02月01日 18:46
プッシュ通知を受取る

 抗がん薬治療中の患者が輸血用血液製剤(人赤血球液)によりE型肝炎ウイルス(HEV)に感染し、その後死亡したとの報告を受け、厚生労働省は2月1日付で「輸血用血液製剤の使用時の安全確保措置の周知徹底について」を発出。「輸血用血液製剤はヒトの血液を原料としており、その性質上、感染症のリスクを完全になくすことはできない」とした上で、今回の事例を踏まえて医療機関に安全策措置の周知を依頼している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  血液製剤使用時の安全確保を呼びかけ

error in template: found but mtif was expected