メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  かぜをひきやすい人は食事が不規則かつ偏食

かぜをひきやすい人は食事が不規則かつ偏食

地域住民約4万人を対象に横断研究

 2018年02月05日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 かぜの予防には、一般的に手洗いおよびうがいの励行、十分な休養、バランスの取れた食事などが有効とされているが、大規模疫学研究では日常生活習慣とかぜ予防の関連性は明確にされていない。神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科の柴田みち氏と同科教授の中島啓氏らは、地域住民約4万人を対象とした横断疫学研究を行い、かぜ罹患と日常生活習慣との関連について調べた。その結果、かぜの罹患と日常生活習慣、中でも食事摂取習慣との関連性が明らかになったと第52回日本成人病(生活習慣病)学会(1月13~14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  かぜをひきやすい人は食事が不規則かつ偏食

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06512790 有効期限:6月末まで