メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  がん »  工学部学生が解決、がん治療機器の課題

工学部学生が解決、がん治療機器の課題

 2018年02月06日 06:15
プッシュ通知を受取る

 1月28日に慶應義塾大学で開催された健康・医療に貢献するビジネスプランを競い合う「第2回健康医療ベンチャー大賞」の学生部門で、山口大学機械工学科3年の小田喜雅彦氏が優勝した(関連記事:「慶應大医学部発『健康医療ベンチャー大賞』」「ウジ虫で下肢切断を回避」)。同氏は従来のがん治療用医療機器における問題点を解決するシステムを開発し、現在、新しい機器の作製に取り組んでいる。同氏は「賞金を使って、これからも特許取得などに励んでいきたい」と意気込んだ。

1802002_ph1.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  がん »  工学部学生が解決、がん治療機器の課題

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512832 有効期限:2月末まで