メニューを開く 検索を開く ログイン

工学部学生が解決、がん治療機器の課題

 2018年02月06日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 1月28日に慶應義塾大学で開催された健康・医療に貢献するビジネスプランを競い合う「第2回健康医療ベンチャー大賞」の学生部門で、山口大学機械工学科3年の小田喜雅彦氏が優勝した(関連記事:「慶應大医学部発『健康医療ベンチャー大賞』」「ウジ虫で下肢切断を回避」)。同氏は従来のがん治療用医療機器における問題点を解決するシステムを開発し、現在、新しい機器の作製に取り組んでいる。同氏は「賞金を使って、これからも特許取得などに励んでいきたい」と意気込んだ。

1802002_ph1.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  工学部学生が解決、がん治療機器の課題

error in template: found but mtif was expected