メニューを開く 検索を開く ログイン

妊娠39週目の陣痛誘発で帝王切開率低下

米国母体胎児医学会で研究発表

 2018年02月07日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では妊婦の約3分の1は帝王切開で出産する。帝王切開は、適切な状況下では救命の重要な手段である一方で、感染症、子宮摘出、将来の妊娠における前置胎盤、胎児の呼吸器疾患などの重大なリスクを引き起こす可能性もある。このたび、米国母体胎児医学会(SMFM)の年次会議「The Pregnancy Meeting™」で発表された研究で、健康かつ初産の女性においては妊娠39週目で陣痛を誘発した方が、待機的管理を行うよりも帝王切開率が低下することが明らかになった。(関連記事:「わが国の帝王切開率に地域差」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠39週目の陣痛誘発で帝王切開率低下

error in template: found but mtif was expected