メニューを開く 検索 ログイン

妊娠39週目の陣痛誘発で帝王切開率低下

米国母体胎児医学会で研究発表

2018年02月07日 06:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では妊婦の約3分の1は帝王切開で出産する。帝王切開は、適切な状況下では救命の重要な手段である一方で、感染症、子宮摘出、将来の妊娠における前置胎盤、胎児の呼吸器疾患などの重大なリスクを引き起こす可能性もある。このたび、米国母体胎児医学会(SMFM)の年次会議「The Pregnancy Meeting™」で発表された研究で、健康かつ初産の女性においては妊娠39週目で陣痛を誘発した方が、待機的管理を行うよりも帝王切開率が低下することが明らかになった。(関連記事:「わが国の帝王切開率に地域差」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠39週目の陣痛誘発で帝王切開率低下

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD512839 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外