メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  感染症 »  直接型抗ウイルス薬でC型肝炎の乾癬が軽快

直接型抗ウイルス薬でC型肝炎の乾癬が軽快

 2018年02月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

 直接作用型抗ウイルス薬の登場により、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染している患者のほぼ100%がウイルスを排除できるようになり、現在では同薬が治療の中心となっている。大阪市立大学大学院肝胆膵病態内科学准教授の榎本大氏らの研究グループは、このほど、C型慢性肝炎患者の治療に直接作用型抗ウイルス薬を用いたところ、C型肝炎ウイルスの消失だけでなく、併発している慢性皮膚疾患の乾癬の症状までもが軽快したと、Ann Intern Med2018年1月16日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  感染症 »  直接型抗ウイルス薬でC型肝炎の乾癬が軽快

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512856 有効期限:2月末まで