メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

直接型抗ウイルス薬でC型肝炎の乾癬が軽快

 2018年02月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 直接作用型抗ウイルス薬の登場により、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染している患者のほぼ100%がウイルスを排除できるようになり、現在では同薬が治療の中心となっている。大阪市立大学大学院肝胆膵病態内科学准教授の榎本大氏らの研究グループは、このほど、C型慢性肝炎患者の治療に直接作用型抗ウイルス薬を用いたところ、C型肝炎ウイルスの消失だけでなく、併発している慢性皮膚疾患の乾癬の症状までもが軽快したと、Ann Intern Med2018年1月16日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  直接型抗ウイルス薬でC型肝炎の乾癬が軽快

error in template: found but mtif was expected