メニューを開く 検索を開く ログイン

タクシー運転手向け糖尿病セミナー開催

ライフスタイルに合わせた対策法とは

 2018年02月08日 06:10
プッシュ通知を受取る

 2型糖尿病の危険因子として肥満や運動不足、不規則な生活習慣などが挙げられるが、職業柄、こうした因子に当てはまりやすいのが、昼夜交代のシフト制で勤務するタクシー運転手だ。1月23日、日本イーライリリーと日本交通の共催で、日本交通・赤羽営業所に所属するタクシー運転手約30人を対象に、「ライフスタイルに合わせた糖尿病の治療と対策」セミナーが開催された。奈良県立医科大学糖尿病学講座教授の石井均氏、(株)エビータ代表で管理栄養士の浅野まみこ氏、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏の3人が登壇し、糖尿病の予防と生活習慣改善のポイントなどについて講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  タクシー運転手向け糖尿病セミナー開催