メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ブドウがうつ病に効くメカニズム解明?

 2018年02月09日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ブドウ由来のポリフェノール化合物であるジヒドロカフェー酸(Dihydrocaffeic Acid;DHCA)とオエニン(Malvidin 3-O-glucoside;Mal-gluc)がうつ病の治療薬になりうると、米・Icahn School of Medicine at Mount Sinaiの研究グループがNat Commun2018; 9: 477)に報告した。研究では、これらの天然化合物が新たに発見されたうつ病の根底にあるメカニズムを標的とすることで、うつ病を軽減させる可能性があることが示唆されている。(関連記事:「ブドウの種でノロウイルス撃退! ポリフェノールが作用」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  ブドウがうつ病に効くメカニズム解明?

error in template: found but mtif was expected