メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

どう使う?成人先天性心疾患例へのDOAC

多施設共同前向きコホート研究が開始

 2018年02月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

 成人先天性心疾患(ACHD)における血栓塞栓症に対し、ワルファリンに加えて近年、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)も使用されるようになった。しかし、DOACの投与を判断する際のリスクスコアや出血性合併症のリスクは従来の適応と異なることが、日本成人先天性心疾患学会の全国調査で示唆された。その結果を受け、横浜労災病院循環器内科の増田慶太氏は昨年(2017年)、ACHDに対するDOACの安全性と有効性に関する多施設共同前向きコホート研究を開始したと、第20回日本成人先天性心疾患学会(1月26~28日)で述べ、研究への参加を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  どう使う?成人先天性心疾患例へのDOAC

error in template: found but mtif was expected