メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  循環器 »  どう使う?成人先天性心疾患例へのDOAC

どう使う?成人先天性心疾患例へのDOAC

多施設共同前向きコホート研究が開始

 2018年02月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

 成人先天性心疾患(ACHD)における血栓塞栓症に対し、ワルファリンに加えて近年、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)も使用されるようになった。しかし、DOACの投与を判断する際のリスクスコアや出血性合併症のリスクは従来の適応と異なることが、日本成人先天性心疾患学会の全国調査で示唆された。その結果を受け、横浜労災病院循環器内科の増田慶太氏は昨年(2017年)、ACHDに対するDOACの安全性と有効性に関する多施設共同前向きコホート研究を開始したと、第20回日本成人先天性心疾患学会(1月26~28日)で述べ、研究への参加を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  ニュース »  2018年 »  循環器 »  どう使う?成人先天性心疾患例へのDOAC

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512878 有効期限:2月末まで