メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  アレルギー »  空中浮遊菌はキノコが多い!?

空中浮遊菌はキノコが多い!?

気道アレルギーと関連する真菌の特性

 2018年02月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大気中には多数の真菌が浮遊しており、これらを吸入することで喘息やアレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)をはじめアレルギー性呼吸器疾患を来すことはよく知られている。近年、真菌の同定技術の進歩などに伴い、従来は病原真菌として重視されていなかった菌種、特に真正担子菌(キノコ類)によって生じるABPMの報告が散見されるようになった。アレルギー疾患と関連する真菌について、千葉大学真菌医学研究センター臨床感染症分野教授の亀井克彦氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  アレルギー »  空中浮遊菌はキノコが多い!?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512868 有効期限:2月末まで