メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ジャズとクラシックで脳の活動に違い

ピアニストで比較

 2018年02月13日 06:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 音楽家の脳は一般人とは異なる。音楽をつくる(奏でる)には、特に発達した脳構造による多彩な能力の複雑な相互作用が必要とされる。ドイツ・Max Planck Institute for Human Cognitive and Brain Sciences(MPI CBS)のDaniela Sammler氏らは、脳波検査(EEG)を用いてジャズピアニストとクラシックピアニストの脳活動を比較した結果をNeuroimage(2017; 169: 383-394)に発表。「音楽家の能力は、想定されていたよりも緻密に組み込まれ、音楽のスタイルによって異なることが分かった」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  ジャズとクラシックで脳の活動に違い