メニューを開く 検索を開く ログイン

がん種別生存率、日本が世界最高なのは?

71カ国3,750万例以上の生存率推移:CONCORD-3研究

 2018年02月14日 09:45
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 全世界におけるがん患者の生存率の年次推移を観察することを目的に、日本を含む71カ国300以上の施設から約600人の研究者が参画している過去最大規模の国際共同科学計画「CONCORD」。このたび、2000~14年に診断された3,750万症例の生存率に関する調査結果を、最新版「CONCORD-3」として、英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのClaudia Allemani氏らがLancet2018年1月30日オンライン版)で報告した(関連記事:「やはりトップクラス? 日本のがん生存率 」)。日本からは共同研究者として、国立がん研究センターがん対策情報センター室長の松田智大氏が参画しており、日本におけるがん生存率が他国に比べて特に高いまたは低いがん種なども示された(松田氏による解説はこちら)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん種別生存率、日本が世界最高なのは?