メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

【解説】「人口ベース」のがん登録生存率の意義

国立がん研究センターがん対策情報センター室長 松田智大

 2018年02月14日 09:46
プッシュ通知を受取る

〔編集部から〕71カ国322の人口ベースのがん登録における3,750万例以上の生存率に関する国際調査「CONCORD-3」の結果について、英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのClaudia Allemani氏らがLancet2018年1月30日オンライン版)で報告した(関連記事:「日本のがん生存率、世界で最も高いがん種は?」)。CONCORDは、全世界におけるがん患者の生存率の年次推移を観察する史上最大規模の国際共同科学計画である。こうした人口ベースのがん登録生存率データの意義について、同研究に参画している国立がん研究センターがん対策情報センター室長の松田智大氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  【解説】「人口ベース」のがん登録生存率の意義

error in template: found but mtif was expected