メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2018年 »  解説 »  【解説】「人口ベース」のがん登録生存率の意義

【解説】「人口ベース」のがん登録生存率の意義

国立がん研究センターがん対策情報センター室長 松田智大

 2018年02月14日 09:46
プッシュ通知を受取る

〔編集部から〕71カ国322の人口ベースのがん登録における3,750万例以上の生存率に関する国際調査「CONCORD-3」の結果について、英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのClaudia Allemani氏らがLancet2018年1月30日オンライン版)で報告した(関連記事:「日本のがん生存率、世界で最も高いがん種は?」)。CONCORDは、全世界におけるがん患者の生存率の年次推移を観察する史上最大規模の国際共同科学計画である。こうした人口ベースのがん登録生存率データの意義について、同研究に参画している国立がん研究センターがん対策情報センター室長の松田智大氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2018年 »  解説 »  【解説】「人口ベース」のがん登録生存率の意義

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02512919 有効期限:2月末まで