メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

【解説】日本は後進国、腹腔内温熱化学療法

福井大学病院がん診療推進センターセンター長・教授 片山寛次

 2018年02月15日 09:45
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕わが国では、悪性腫瘍に対する温熱療法(ハイパーサーミア)が40年以上行われており、腹腔内温熱化学療法(hyperthermic intraperitoneal chemotherapy;HIPEC)はその1つである。オランダ・Netherlands Cancer InstituteのWillemien J. van Driel氏らは、新規に診断された進行卵巣がんで術前補助化学療法を受けている患者を対象に、腫瘍減量術(cytoreductive surgery ;CRS)にシスプラチン併用によるHIPECを追加施行することで予後が改善されるかどうかを検証するオープンラベルの第Ⅲ相多施設ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果から、CRSにHIPECを追加することで、無再発生存期間および全生存期間が有意に延長したことなどをN Engl J Med (2018; 378: 230-240)で報告した(関連記事:「卵巣がんに対する術中腹腔内温熱化学療法」)。しかし、同試験には幾つかの問題点もあるという。福井大学病院がん診療推進センターセンター長・教授の片山寛次氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【解説】日本は後進国、腹腔内温熱化学療法

error in template: found but mtif was expected