メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Apalutamideが前立腺がんのMFSを大幅延長

Apalutamideが前立腺がんのMFSを大幅延長

SPARTAN試験

 2018年02月16日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Massachusetts General HospitalのMatthew R. Smith氏らは、転移リスクの高い非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者に対するアンドロゲン受容体アンタゴニストapalutamideの有効性を検討した第Ⅲ相プラセボ対照二重盲検試験SPARTANの結果を米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU、2月8~10日、サンフランシスコ)で発表し、N Engl J Med2018年2月8日オンライン版)に同時掲載した。プラセボに比べ、apalutamideは転移または死亡のリスクを70%以上低下させ、無転移生存期間(MFS)の中央値を2年以上延長した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Apalutamideが前立腺がんのMFSを大幅延長

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513024 有効期限:7月末まで