メニューを開く 検索を開く ログイン

主治医がいても糖尿病リスク高く

リスク管理チャートで受診者データを解析

 2018年02月19日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 「脳心血管病予防に関する包括的リスク管理チャート(以下、リスク管理チャート)」は、リスク因子を総合的に評価することができ、見落としの防止や適切な管理の指標として有用である。しかし、健診受診者の詳細なリスク分布は明らかにされていない。聖路加国際病院クリニック予防医療センター一般内科医長の佐々木清寿氏は、同センターの1日人間ドック受診者のデータを用いて、リスク管理チャートに基づく各リスク因子の分布などを解析した。その結果、主治医がいて現在治療中である患者でも糖尿病リスクが高く、専門医等への紹介が必要と判定されるケースが多かったと第46回日本総合健診医学会(1月26~27日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  主治医がいても糖尿病リスク高く