メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

慢性疾患の集積でがんリスク上昇

台湾・40万人の前向きコホート研究

 2018年02月19日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 慢性疾患はがんのリスク因子の中でも見過ごされがちだが、心血管疾患、糖尿病、慢性腎臓病などを合わせたがんに対する影響の大きさは、5つの主要な生活習慣因子集積に匹敵する可能性があるという。米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのHuakang Tu氏らは、台湾の健診受診者約40万人を対象とした前向きコホート研究を行い、慢性疾患はがん発症リスクの20%以上、がん死亡リスクの30%以上に寄与することが示されたとBMJ2018; 360: k134)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  慢性疾患の集積でがんリスク上昇